アメリカの電子タバコ(VAPE)に関するニュース

つい最近の、ニュース報道などで採り上げられていましたが、FDA(米食品医薬品局)の方針としまして、アメリカ国内の全ての州に於きまして、健康被害への影響を考慮し、18歳未満への電子タバコ(VAPE)の販売が、8月から禁止になると言うトピックスがありました。昨今に於きましてはアメリカやヨーロッパでは、電子タバコ(VAPE)は本物のタバコの、代替えと言う用途だけではなく、ファッションアイテム的な要素から、使用している人も多く幅広い層に支持されていますけれども、この度の規制の根本的な理由としましては、まず一番にアメリカ国内全土で、未成年者の使用が急増中であるというポイントが、挙げられます。また、今後は本物のタバコと同じように、健康被害に関する警告文を、商品やパッケージに記載するようになるようです。

スタイリッシュな電子タバコ”VAPE”

VAPEは電子タバコを指す呼び名ですが、従来の電子タバコの見かけよりもデザイン性が高くスタイリッシュなイメージのアイテムを指すことが多いです。フレーバーの付いた液体を使用し、電熱で発生させた水蒸気を吸って楽しむスタイルです。諸外国ではニコチンの成分の入ったリキッド(液体)が販売されていますが、日本国内ではニコチン入りのリキッドの流通はありません。VAPEの特徴はリキッドのフレーバーがバラエティ豊かで、女性向けの甘いお菓子の様な香りなどがあり人気です。リキッドの新商品も早いスパンで発売され、時にはかなり個性的なフレーバーがリリースされるなど、マニア受けも良いアイテムです。バッテリーへの充電がUSB対応で簡単であることや、初期費用を払ってしまえば、通常のタバコよりコストパフォーマンスが良いメリットもあります。

VAPEの通販サイト(海外)の魅力と注意点

海外にあるVAPEの通販サイトは、世界中の市民達が利用しています。どの国で買っても送料が無料になる魅力もあります。それに海外には老舗の通販サイトが多く最高の味を再現できるアトマイザー、珍しい味のリキッドも多数販売しています。今から登録するとお得なクーポンがついてきます。最初の買い物にしか使えないため、慎重に考えてから使う方が多いです。また海外の通販サイトは、中華系のリキッドや数が少ないボックス型の電子タバコも販売しています。大きな魅力ですがこれらは売り切れやすく、世界中の市民が買うため再入荷をかなり待たないといけない場合もあります。ブランド商品を買うと、長く保証してくれるので故障を気にせず吸うことができます。そして海外の通販サイトは文章、価格が英語表示なので翻訳には注意しましょう。少しでも翻訳ミスがあれば間違った商品を買うハメになります。翻訳が苦手な方は日本語表示の通販サイトをおススメします。その他、サイトによって到着時間が異なります。

http://www.vapestudio.jp/お勧めサイト「VAPESTUDIO」ではEleaf・INNOKIN・aspireをはじめ有名ブランドの電子タバコを購入できます。 →こちらになります!…http://www.vapestudio.jp/ 火器を使用しないので、タバコのようにタールや一酸化炭素も発生しません。 日本ではまだまだタバコの代用品ですが、海外では嗜好品として認知されています。 海外ではエナジードリンク風のリキッドが品切れになるほど人気です。 髪や洋服にタバコのニオイがつかないので、女性の利用者も増えています。