ニコチンフリーのVAPEの魅力

VAPEは水蒸気の煙を楽しむ電子タバコですから、通常のタバコに由来する数々の問題点が解消できるメリットがあります。特に国産のフレーバーはニコチンが含有されていませんから、ヤニやタールに関する問題点が解消できます。例えばニコチンの問題点は色々ありますが、健康面のほか、歯が黄ばんだり黒くなってしまうことも顕著な例です。その対策としてヤニ取り向けのデンタル用品を揃えたり、審美歯科でホワイトニングを行うなど、何かとケアにお金が掛かります。しかし、VAPEならそれらを考慮しなくても良いことが一般的です。また、ファッションや髪がヤニの臭いに染まることもありません。そのほか、家でペットを飼っている場合でありましても、火を用いないVAPEなら安心して吸えます。もちろんニコチンの副流煙などの心配もありませんから、その意味でも魅力的です。

VAPEを活用して楽しく禁煙にトライ

歩道での喫煙が禁止となる自治体もあるほか、現在では全国的に禁煙の流れが強くなっています。そのため禁煙にトライしようと検討している場合もあるかと存じますが、その場合ではVAPEを活用することも名案です。禁煙をスタート致しますと、最初は問題無い場合でも、日時の経過と共に我慢する度合いが強くなってしまいます。我慢はストレスを引き起こしますから、VAPEを使って充足感を得ることが得策です。水蒸気とは言え、煙をしっかり吸うことができます。そのうえ数多くのフレーバーがありますから、禁煙を行いつつ色々な味わいを楽しむことができます。構成パーツであるアトマイザーは定期的な交換が必要ですが、総額では普通のタバコよりもリーズナブルですから、家計の節約にもなります。さらに宅内で吸った場合でも、部屋をニコチンやタールの煙で汚すことはありませんから、節煙にも効果的です。

世界の電子タバコ(VAPE)と年齢制限の事情

先日アメリカ国内全土に於きまして18歳未満の電子タバコ(VAPE)が禁止となりましたけれども、このアメリカの事例のように、電子タバコに年齢制限を設けている国は、何ヶ国かあるというというのが、現在の状況となっています。しかしながら、日本国内に於きましては、電子タバコに対しましての年齢制限による、販売規制や使用禁止などに関しましての、法律や条令は存在しないというのが、現在の状況となっています。しかしながら、電子タバコを取り扱っている販売店などによっては、本物のタバコと同様に、未成年者への電子タバコの販売を、自主的に規制しているというケースも、少なくはないというような実情もあります。今後、日本に於きましてアメリカやヨーロッパレベルまで、電子タバコの普及が進んだ場合には、新たに法律によって規制が始まると、予想されています。